便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

弛緩性便秘の解消方法

弛緩性便秘の人は、腸の働き(大腸の蠕動運動機能)が弱くなっていますから、腸を刺激して腸を活性化します。また便も硬くなっていますからスムーズな排便を促すために水分を十分に補給します。朝食は必ず摂り、便意がなくても決まった時間に排便を試みる習慣をつけることが、自然な排便リズムをつくることになり弛緩性便秘の便秘解消につながります。弛緩性便秘は女性や高齢者に多いのですが、ダイエットや加齢による少食が排便に十分な食事量になっていないことがあります。このような場合は、食事量にも気配りが必要です。

弛緩性便秘を解消する方法

 水溶性・不溶性の食物繊維を積極的に食べます

不溶性食物繊維は水分を含むことで膨張して便の量を増やしてくれます。ただ、不溶性食物繊維ばかりを摂っていると水分が不足して便が硬くなって、さらに便秘が悪化する可能性があります。水溶性食物繊維は便を軟らかくします。水溶性の食物繊維を多く含む食べ物も食事に取り入れましょう。不溶性・水溶性の食物繊維の両方をバランスよく摂るのが効果的な便秘解消方法になります。

 十分な水分補給

水をこまめにに飲むことで、便を軟らかくします。起床直後に1杯の水(できれば冷水)は腸を刺激します。

 弛緩性便秘に良い食べ物

  • 脂質に含まれる脂肪酸が大腸を刺激します。(適度な脂質です。食べ過ぎはいけません)
  • 適度な香辛料・酸味類は排便を促します。
  • 糖分を多く含む食べ物(はちみつ・水あめなど)は腸内で発酵して大腸の運動を高めます。
  • 有機酸を多く含む食べ物(パイナップル・イチゴ・リンゴ・プルーン・ヨーグルト・梅干)が、腸内細菌のバランスを整え、大腸の中の悪玉菌を抑えます。

 - 便秘解消方法:症状種類別

PC用

PC用

  関連記事