便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

妊娠中の便秘の原因

妊娠前は便秘でない人でも妊娠すると便秘に悩む人が多くなります。妊娠中の便秘は珍しいものではなく、妊娠中の便秘の原因として、ホルモンの影響、子宮が腸を圧迫、つわりによる食事量や水分不足、ストレス、運動不足などがあります。そしてこれらの原因が重なって起こることで便秘が更に酷くなってしまいます。

妊娠中に便秘になりやすい原因

 妊娠中の女性ホルモン変化の影響

女性ホルモンの一つにプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンがあります。妊娠すると活発に分泌される黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑えて流産や早産を防ぐ働きをするだけでなく、腸の動き(蠕動運動)を弱めてしまいます。便がゆっくり腸内を移動するために腸内に長く便が留まることになり、その間に便の水分も吸収されて便が硬くなって更に排便が難しくなります。

 子宮が腸を圧迫

胎児が大きくなるにしたがって子宮が物理的に腸を圧迫するようになります。圧迫された部分の腸管は狭くなって便の通りが悪くなるために便秘になりやすくなります。

 つわりで食事量・水分量が減少

つわりの時期は、つわりが辛くて食欲がわかず、食事量が減ると便そのものの量も減ってしまいます。食事には水分も含まれていますから、食事量が減ると食事から摂取できる水分が摂れていないことになります。

 ストレスによる自律神経の乱れ

妊娠すると、身体や生活の変化から、喜びや不安などでストレスを感じやすいといえます。ストレスは自律神経に大きく影響します。自律神経が乱れると自律神経に支配されている腸の働きに影響して便秘になりやすくなります。

運動不足

妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんが大きくなって、動きが制限されて運動不足になってしまいます。運動不足が続くと腸の動き(蠕動運動)も鈍くなり、腹筋も弱くなっているので、いきみにくくなって便秘になりやすくなります。

※プロゲステロン(黄体ホルモン)には平滑筋の働きを弱める作用があります。腸も子宮も平滑筋でできていますから、プロゲステロンによって、腸と子宮の両方の筋肉の動きが弱くなります。また、プロゲステロンは、体温上昇作用、水分貯留作用、麻酔作用などがあるため、だるさ、むくみ、眠気などをもたらします。プロゲステロンの分泌が多い妊娠初期の強い眠気はプロゲステロンの影響もあります。

※妊娠で卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量は分娩まで増加していきます。黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量はおよそ妊娠8~9ヶ月でピークになり、分娩までゆるやかに減少し、出産すると急速に低下します。

 - 女性の便秘

PC用

PC用

  関連記事