便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

妊娠中の便秘の注意点

妊娠中は身体や生活環境が変わる時期で、便秘になりがちです。妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期の注意点があります。

妊娠中の便秘の注意点

 妊娠初期

妊娠初期は、体調の変化に伴う便秘が多く、お腹の膨らみは目立ちませんが、つわりや、便秘になったり便秘がひどくなる時期です。妊娠初期の便秘は、主に黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響が大きいと考えられます。腸の働きが鈍くなり便秘になりやすくなります。
最も流産の可能性の高い時期ですから、子宮の収縮を引き起こすようなことは避けて、下腹部に力を入れ過ぎないのが良いようです。便秘がつらい時は、トイレで力を入れていきむのは止めて、医師に相談しましょう。

 妊娠中期

安定期と呼ばれる妊娠中期は、妊娠中で体調が最も安定している時期です。つわりも軽くなり妊娠後期に備える時期です。胎児の成長に伴い子宮も大きくなるため腸を圧迫する程度も増して便秘になりやすくなります。お腹の張りによる腹部の緊張とストレスでストレス性便秘になる人もいます。
この時期に食生活や運動など生活習慣を見直しましょう。

 妊娠後期

妊娠後期は便秘を解消する方法が限られてしまう時期です。妊娠後期は、大きくなった子宮が腸を圧迫して、便秘気味でなかった人でも便秘になってしまうことがあります。ですが、無理やり便を出そうとしていきみ過ぎ(強くいきむ、長くいきみ続ける)は避けるのが良いようです。
便秘がひどくなる前に、主治医に相談して便秘薬・下剤を処方してもらうのも良いです。市販の便秘薬には子宮を収縮させる作用のある成分を含むことがあり、流産や早産を誘発するリスクがありますから注意が必要です。医師の処方した便秘薬ならば安心です。

 - 女性の便秘

PC用

PC用

  関連記事