便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

乳酸菌で便秘解消

便秘解消対策として、乳酸菌やビフィズス菌を含む発酵食品を食べで腸内環境を整えましょう。ヨーグルトや乳酸菌飲料をはじめ、ぬか漬けや納豆などです。できればプロバイオティクスと呼ばれるものをおすすめします。プロバイオテクスとは、腸内細菌のバランスを改善して、健康に良い影響を与える生きた微生物のことです。プロバイオティクスは、腸内環境を整えるだけでなく、免疫力強化、アレルギー症状改善、動脈硬化の予防といった効果が期待されています。また、プロバイオティクスのエサになって善玉菌を増やすプレバイオテクィスとしてオリゴ糖を同時に摂ることで相乗効果が期待されます。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

乳酸菌やビフィズス菌のすべてがプロバイオティクスではありません。プロバイオティクスと呼ばれるにはいくつかの条件があり、全てを満たす乳酸菌の株菌は少ないといわれています。プロバイオティクスは「生菌のまま腸に届く」が条件ですが、「死菌にも効果がみられる」などの見解もあり、生菌だけでなく死菌もプロバイオティクスとしても良いのではとの意見がでています。

 プロバイオティクスの整腸作用

便秘や下痢などの便性を改善し、腸内有用菌のビフィズス菌を増やして腐敗菌(大腸菌やウエルシュ菌)を減少させることで腸内環境が改善され、便秘を予防、腐敗菌による有害物質や発がん物質の減少と排出を促進します。

 プロバイオティクスの条件

  • 安全性が保障されている
  • 腸内フローラの一員である(人由来である)
  • 胃液や胆汁などのに対して耐性がある
  • 小腸~大腸で増殖できる
  • 明らかに有効効果がある(便性改善、腸内細菌フローラのバランス改善、腸管内腐敗物質の低下など)
  • 食品の形態で生菌として維持できる
  • 安価で、容易に取り扱える

 プレバイオフィクスのオリゴ糖

オリゴ糖は消化されずに大腸にまで達して、ビフィズス菌の餌になります。分解されると乳酸などの有機酸を発生させて、腸の動きが高まるうえにアルカリ性を好む悪玉菌の繁殖を抑制します。

乳酸菌を多く含む食品と発酵食品

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。動物性乳酸菌の代表格であるヨーグルトには、乳酸菌の種類によって期待される効果に違いがありますから、自分に合ったヨーグルトを選びましょう。ヨーグルトを食べるタイミングは、胃酸が薄まっている食後がよいです。便通を考慮すると、朝食後がより良いと考えられます。

動物性乳酸菌を含む発酵食品にヨーグルト、チーズ(プロセスチーズよりもナチュラルチーズがおすすめ)、植物性乳酸菌を含む発酵食品に味噌、納豆、ぬか漬け、キムチなどがあります。

ビフィズス菌を多く含む食品

ビフィズス菌はヨーグルトなどに多く含まれます。ビフィズス菌は酸に弱いため、腸に行き着く前に胃酸などで死滅してしまいます。生きたビフィズス菌が大腸まで到達するように工夫された食品もあります。

 - 便秘解消方法:食事・食べ物

PC用

PC用

  関連記事