便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

便秘(便秘症)とは

便秘(便秘症)とは、便が大腸内に長時間腸内に留まって、便の水分が減って便が硬くなって排便に困難を伴う状態です。生活環境や体質など個人差が大きいため、便秘(便秘症)の明確な定義づけは難しく、一般的に3~4日以上便通がない状態が続くと便秘ということになります。
不規則な排便でも苦痛を感じなければ、便秘とはされませんが、毎日便通があっても苦痛感・残便感・不快感などの症状を伴う便通異常が便秘となります。便秘(便秘症)の症状は便通の異常だけでなく、腹痛・お腹が張る・おなら・食欲不振などの症状や、肌荒れ・頭痛・腰痛・肩こりなどの影響が出ることもあります。

便秘(便秘症)は女性に多く、加齢とともに増える傾向があります。慢性便秘は、食事や生活環境の変化(旅行・出張・)などが原因で急に起きる一過性便秘(急性で一過性の便秘)でないもので、日常的に便秘の状態です。

排便のメカニズム

食べ物は胃と小腸で消化吸収され、大腸に送られます。大腸は、盲腸・結腸(上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸)・直腸からなります。大腸内を蠕動運動によって移動する間に、水分が吸収されて固形化(便塊化)してわゆる便になります。便が直腸に移動すると、排便反射(便が直腸に溜まると、直腸の壁を刺激して便意をおこします)によって便は排出されます。便は大腸にとどまる時間が長くなるほど水分の吸収が進んで硬く小さくなります。便秘は、大腸での水分吸収量の増加、蠕動運動の低下、排便反射が弱い、腸管が狭いなどによって引き起こされます。

 - 便秘の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事