便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

便秘の身体的症状

便秘の症状は便が出にくい便通の異常や、残便感・腹部膨満感・おなら・腹痛・食欲不振などの症状に加えて、肌荒れ・頭痛・腰痛・肩こりなどの影響が出ることもあります。便秘は日常生活に影響を及ぼす不快な身体的症状を伴うことも多いですから、適切な対処が望まれます。また、腸閉塞や大腸がんなど急性・慢性の便秘の症状を伴う病気もあります。たかが便秘と軽く考えることは避けなければなりません。特に血便、激しい腹痛、嘔吐を伴う場合は、出来るだけ早く病院を受診することをおすすめします。

便秘の症状

 便通異常(便が出にくい)

病的に頑固で、便が出にくい状態です。腸閉塞や大腸がんでも便が出にくい便通異常がありますから、注意が必要です。

 残便感

排便後に全部で切らずにまだ便が残っているようなスッキリしない感覚です。直腸に便が残っている場合と、残っていないのに残便感がある場合があります。便が残っている場合は、筋力不足や、痔・ポリープが排便を妨げていたり、ストレスで腸が痙攣しているなどが考えられます。排便時にいきむことで直腸内に炎症が生じて、それを便意(残便感)と勘違いしていることがあります。便が残っていないのに残便感がある場合は、腸の異常が疑われます。

 腹部膨満感・おなら(腸内ガス)がでる

お腹が張って苦しい、おならがでる、といった症状は腸管内に過剰に溜まったガス(腸内ガス)が原因です。腹部膨満は鼓腸(こちょう)とも呼ばれます。腸内へのガスの流入(食べ物と一緒に飲み込むなど)や産生(腸内細菌による腸内容物の発酵または腐敗)が排出や吸収を上回ると腹部膨満感(鼓腸)が生じます。腸内細菌の悪玉菌が優勢になることで異常発酵によるガスが増えます。また、腸の運動機能が低下することで腸内ガスが溜まって腹部膨満感が増します。緊張や精神的ストレスといった心理的要素が腹部膨満感や腸内ガスの原因になることもあります。呑気症やIBS(過敏性腸症候群)がこれに当ります。

 腹痛

腸内に溜まったガスや便で腸が膨張するこで、他の臓器を圧迫してお腹が張るような腹痛の症状が現れます。吐き気を伴うことがあります。血便や激しい腹痛を伴う場合は大腸がんが疑われます。また、ズキズキするような激痛で冷や汗や吐き気、腹部膨満感があるば場合は腸捻転が疑われ、至急の処置が必要です。

 - 便秘の原因と症状

PC用

PC用

  関連記事