便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

便秘の種類で違う対処法

便秘といっても原因はさまざまで、原因によって便秘の種類が分類されます。そして、便秘の種類によって対処法も違ってきます。自分の便秘がどのタイプかを知ることが、便秘解消につながります。便秘が大腸がんの原因になるといわれています。自分の便秘の種類を確認して、自分の便秘にあった対処をしましょう。

日本人に多いいわゆる慢性便秘の大半が機能性便秘といわれています。機能性便秘には弛緩性便秘・直腸性便秘・痙攣性便秘・一過性便秘があります。頻度は低いのですが、器質性便秘などで緊急の対処や、病院の受診が必要な便秘がありますから、どの便秘のタイプなのかを見極めて、適切な対処をすることが大切です。

原因別便秘のタイプ

 弛緩性便秘(結腸性便秘)

弛緩性便秘とは、大腸の筋肉の緊張がゆるんで蠕動運動が低下して、便が結腸内をゆっくり進むために腸内に長く滞留することになり便が硬くなる便秘です。このタイプの便秘の原因は、筋力の低下、加齢、運動不足、食物繊維不足などが考えられます。直腸性便秘を合併することが多い便秘です。

 直腸性便秘(習慣性便秘)

直腸性便秘とは、排便反射が鈍っているために、便が直腸内に溜まってしまう便秘(排泄障害)です。便意を我慢する生活習慣や加齢による排便反射の低下などが原因と考えられます。

 痙攣性便秘(過敏性腸症候群IBS型)

痙攣性便秘は、弛緩性便秘とは反対に、大腸の緊張が強すぎて起こる便秘です。主にストレスなどによる自律神経の乱れが原因とされる便秘です。便秘と下痢を繰り返したり、食後に腹痛があるのが特徴です。腸が緊張状態にあるこの便秘では、食物繊維の摂り過ぎは逆効果になる可能性があります。

 一過性便秘

一過性便秘は機能性便秘のひとつで、食事や生活パターンの変化によって一時的に便秘になっている状態です。原因がなくなれば自然に治りますが、慢性化しないよう注意が必要です。

 器質性便秘・症候性便秘

器質性便秘とは、腸管の異常や疾患が原因の便秘です。先天性の便秘、後天性の便秘(慢性・急性)があります。症候性便秘は、器質性便秘に加えて、全身性疾患や代謝性疾患の二次的症状として現れる便秘も含みます。
基礎疾患(便秘の原因になっている疾患)の治療が優先されますが、この治療によって便秘の改善が期待できます。

 - 便秘解消方法:症状種類別

PC用

PC用

  関連記事