便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

便秘解消に効くツボ

便秘解消に効くツボをご紹介します。手・足・腹・背中のツボを指圧します。ツボは左右対称にありますから、両方ともに指圧します。親指などの指でゆっくり揉みほぐすように「痛いけれど気持ちがいい」痛気持ちいい感じの強さで押します。息を吐きながら「1、2、3、4」で押し揉み、息を吸いながら「5,6,7,8」で力を抜きます(力を抜くときはツボ(肌)から指を離さないこと)。冬場は指先が冷たくなりがちですから、手を温めてからツボ押しをします。

手のツボ押しで便秘解消

○合谷(ごうこく):合谷は手の甲の側、親指と人差し指の骨が交わるところの内側です。反対側の手の親指と人差し指で挟み込んでツボを押し揉みます。

○神門(しんもん):手首の関節部分の小指側、骨と筋の間のくぼみとなっているところ。親指を立てて、またペンなどで押します。

○間使(かんし):手首の横じわから指4本離れたところ、2本の筋の間です。親指をツボにあてて、残りの指で腕を支えながら、る感じで、ツボを押し揉みます。(即効性があるといわれています)

足のツボ押しで便秘解消

○足の三里(さんり):膝のお皿の下から指4本下で、すね外側にあるふくらみの縁です。親指で押すと、圧迫感似た痛みを感じます。親指や中指で押し揉みます。

お腹のツボ押しで便秘解消

○天枢(てんすう):へその指3本外側のところです。左右にあります。左右のツボを同時に、人差し指・中指・薬指でお腹が軽くへこむくらいに押します。

○大巨(たいこ):天枢(左右)から指3本下側のところです。便秘の人はかなり硬くなっているのでわかりやすいです。両手を腰(ウエストのくびれ)に置いて、親指で左右のツボを同時に押します。

背中のツボ押しで便秘解消

○便秘点(べんぴてん):肋骨の一番下から指2本分下側で、背骨から指4本分外側です。左右にあります。両手を腰(ウエストのくびれ)に置いて、親指で左右のツボを同時に押しながら、上体を左右に捻ります。

○大腸愈(だいちょうゆ):腰骨の高さ、背骨から指2本分外側です。左右にあります。仰向けに寝て、こぶしの一番かたいところがをツボに当るように背中の下に置き、膝を曲げて足を立てて、膝を左右にゆっくりと動かします。この時、こぶしに体重が掛かっているのがポイントです。

 - 便秘解消方法:ツボ・体操・マッサージ

PC用

PC用

  関連記事