便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

腸内細菌と便秘の関係

腸内環境の悪化は便秘の原因になります。腸内環境に大きく関係するのが腸内細菌で、腸内細菌は体に良い働きをする善玉菌、体に悪い働きをする悪玉菌、善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌に分けられますです。
健康な腸内環境では善玉菌が優勢で、腸の働きは活発で、便通に良い環境です。ところが、腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、腸の働きは鈍くなり、腸内腐敗や毒素産生を促し、便秘の原因になります。日和見菌は、善玉菌が優勢な時は活動が鈍く、悪玉菌が優勢になると活発に動いて悪玉菌として悪影響を及ぼしますから、腸内環境は更に悪化して、便秘が悪化します。

健康な腸内環境に整えるには善玉菌が優勢な腸内細菌のバランスが大切です。

腸内細菌の種類と働き

腸内細菌と呼ばれる腸内の細菌(常在菌)は善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分類されます。回腸から大腸にかけて、腸内細菌は種類ごとにまとまって腸内細菌叢または腸内細菌フローラとよばれる生態系を作って共棲しています。善玉菌・悪玉菌・日和見菌は、およそ2:1:7の割合といわれています。

 善玉菌

善玉菌は腸の働きを活性化して、ビタミンを合成したり免疫を高めたりする働きがあります。善玉菌は腸内を酸性にして、悪玉菌の増殖を抑え、腸の蠕動運動を活発にして便通がよくなります。
善玉菌には、ビフィズス菌、乳酸球菌(ラクトコッカス)、乳酸桿菌(ラクトバチルス)、ガセイ菌、アシドフィルス菌などがあります。

 悪玉菌

悪玉菌は腸内腐敗や細菌毒素・発がん物質・腸内ガスの産生を促し、便秘の原因になります。
悪玉菌には大腸菌(有毒株)、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などがあります。

 日和見菌

善玉菌と悪玉菌に属さない日和見菌は、善玉菌が優勢な時は活動が鈍く整腸に役立つ働きをするのですが、悪玉菌が優位な時は活発に動いて悪玉菌として悪影響を及ぼします。
日和見菌には、大腸菌(無毒株)、連鎖球菌、バクテロイデスなどがあります。

 - 便秘の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事