便秘解消情報館

便秘の原因症状治療や便秘解消方法(食事・体操・ツボ)についての情報です

便秘とおならと腸内環境

悪玉菌が優勢の腸内環境は、便秘だけでなく臭いおならの原因になります。おならをしない人はいません。おならは誰にもある生理現象ですが、おならが異様に臭い、おならの回数が多過ぎるといった場合は、腸内環境に問題があると考えられます。

おならの成分と臭い原因

おならの約7割は口から飲み込まれた空気で、残りのうち2割は血液中のガスが腸壁から腸に入ったガス、1割が大腸の中で腸内細菌が食べ物カスを分解してつくるガスといわれています。これらの空気やガスが腸管から吸収される限界を超えるとおならとして体外に排出されます。大人は1日当たり0.5~1.5リットルほどの量のおならを5~20回に分けて放出しているといわれています。

 おならが臭い原因

食事をしたり唾を飲み込んだりするときに空気もいっしょに飲み込んでいます。飲み込んだ空気は酸素や窒素が大半で、これに腸内細菌によって内容物が発酵してできるメタン・水素・二酸化酸素が加わっておならになります。このおならはそれほど臭くないおならです。
おならを臭くするのは悪玉菌とよばれる腸内細菌が腸の内容物を分解する時に異常発酵でつくられたガスです。この臭いおならの成分は、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミン、揮発性脂肪酸にアンモニアが加わったものといわれています。

善玉菌と悪玉菌がつくる腸内ガス

善玉菌が食物を分解するときは発酵型の腸内ガス(おなら)、悪玉菌が食物を分解するときは腐敗型の腸内ガス(おなら)が発生します。

 発酵型ガス(臭くないおなら)

善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)が好むのは炭水化物や食物繊維です。食物中のセルロース・炭水化物などが分解されるときにできるガスの主成分は二酸化炭素やメタンで、臭くないおならです。イモ類や豆はおならがでやすい食べ物ですが、それほど臭くないおならです。

 腐敗型ガス(臭いおなら)

悪玉菌(大腸菌やウェルシュ菌)が好むのはタンパク質や脂肪です。肉などのタンパク質が多い食生活、食べ物が消化されにくい生活習慣などが原因で腸内環境が悪玉菌優勢の場合に腐敗型ガスが発生しやすく、腸内環境が悪化(腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増える)でガスの量が増えておならの回数も増えます。そしてこのおならは少量でも強いにおいです。

※注意が必要なおなら:ガスが多くたまる胃腸の病気として、腸炎・慢性胃炎・直腸の潰瘍が考えられます。胆嚢や膵臓、肝臓の病気、尿路結石でもおならが出ます。そして、大腸がんや憩室といった器質的な原因で臭いおならが出ることがあります。

 - 便秘の基礎知識

PC用

PC用

  関連記事